【知矢】ゴールデンウィーク!スノードーム!

【公式】オシャレウォーカー

JUGEMテーマ:スノードーム
世の中的にゴールデンウィークですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
WSもう落ち着く詐欺の知矢です(苦笑)
手帳をよく見たら、もう少しワークショップ入ってました…。
こ、後半から自分の中で色々整理していきたいと思ってます…。
てか、すぐ7月くるからテディベアコンベンションですが(汗)
先日から告知しております、スノードームエキシビション。
6日まで開催中です。
ちなみに展示室の写真は、全体ぼんやりだと良いらしいですが、ピンでとるのは貴重な品や、著作権の都合があるので、ご遠慮いただきたいとのことです。
ブログにあげたいな〜と思っている方は、ぼんやり全体でお願いしますm(_ _)m
広々スペースにたくさんのスノードームがあります。
この子はいつもスノードーム美術館の前で回っています。
残念ながらフェイクです。
この右側の棚にある陶器製の怪しいスフィンクス?みたいなスノードームは、貴重な日本製。
今回の展示では一番古い物だそうです。
海外に輸出してた時期があったんですよ。
ぜひチェックして下さいね。
もう水も入ってないぐらいなの。
わんこと一緒にスフィンクスなの(笑)
入り口手前には材料、フィモや展示に使われているアクリル板(色々組み立てられる)と、安西水丸さんイラストの絵はがきがあります。
真ん中あたりのブースが安西水丸さんのコレクションです。
これはクリスマスコーナー。
クリスマスモチーフの物がぎゅっと集まってます。
あ!あと、人気の禿げオジサンスノードームは、こちらではなく、スノードーム美術館奥の展示室にありますよ。
スノーじゃなくて、髪の毛がふってくるやつ。
お客様にこれないんですか?ときかれたので〜。
それと一番奥にクリエーターズスノードームの展示販売しています。
私の作品も2つ出してます。
フォトドームの周りをあんなにデコってるバカは私だけらしいので、すぐわかるかも…(汗)
なんか、同期以外のインストラクターさんにも声をかけていただいたので、思いの外反響があったようです。
(バカがいる!ってことなんだろうな…w)
無事にアシスタント講師デビューも果たしました。
あとは講師デビューですな。
そうそう、空き瓶を使った簡単水入れスノードームも認定講師になりました。
土台はオルゴナイト。
Safari社のいるかちゃんをアクリルでピンク+ゴールドに色塗って、レジンでガッツリ固めております。
癒やし&恋愛に効きそう?
な感じを目指して作りました。
もちろんレイキかけてますよん♪
で、これ、普通のガラスドームよりうんと簡単に出来るので、お子様でもOKです。
中にいれるものに少々制限はありますが、まあ、いけるかな。
あと、水の入れ替えが楽なので、ちょっと濁ってきたとか、中のパーツがとれちゃった…って時にも修理できます。
これだとすぐお持ち帰りできるので、やりたい!とおっしゃってるくま仲間さんでお試しWSやりましょうかねぇ。
それと夏休みには「毎日ワークショップ」つって、ほぼほぼ毎日ワークショップが開催されるようです。
この空き瓶もやれるかも知れませんよ〜。
私も空き瓶インストラクターで参加する予定でいます。
詳細決まりましたらお知らせしますね。
ボランティアで接客もやったのですが、ご質問下さったり、楽しんでみてくださった方がお声がけくださり、有り難い限りでした。
思わず展示室にレイキかけちゃたもん。(笑)
ワークショップはせたがやものづくり学校にあるスノードーム美術館以外でも、たとえばホームセンターのような所でも開催されているのですが、お子様が多いらしく、参加したかったけど恥ずかしくて…というお客様もいらっしゃいました。
私だと、空きがあればがつがつ入って行くんですけどね(笑)←高校生の時、「あさりちゃんショー」に幼稚園児と一緒に最前列に並んでわーわーやって、友達にどんびかれた経験があります。(苦笑)
でも美術館でのワークショップはむしろ大人の女性が多いですし、男性もいらっしゃいます。
カップル受講される方、ご家族の方…といろんな方がいらっしゃいますので、大人の女性も安心してお越し下さいね〜♪
センスがなくて…とおっしゃる方も大丈夫!
みなさん、自分の中にちゃんと色んなセンスがあるんですよ(^_^)/
(さんざんワークショップ行ってる私が言うので確かです!)
インストラクターがお手伝いするので大丈夫です!
って、あれ、宣伝になっちゃったわ(笑)
ちょっとせたがやものづくり学校、駅から遠いから難ですけど…。
渋谷からだとバスが便利ですよ。
私は今日は行けたら、念願のホームセンターへ遠出しようかな。
また材料増える…(汗)
明日はしょこたん生誕祭です♪
それなりにGWお楽しみです。
皆様も身体に気をつけて楽しくお過ごし下さいね〜☆
ではではまたの更新で!

ベルメゾンネット

関連記事

ページ上部へ戻る