Pretty Beast

スイーツデコ、テディベア、ミニチュアを制作するユニットPretty Beastの公式サイトです。
メンバーはスイーツデコ、ミニチュア担当の「ちっちゃいもの屋さん・如月もなか」とスイーツデコ、テディベア(ベア雑貨)、オルゴナイト、アンシェントメモリーオイル、レイキヒーリング、球体関節人形等々担当の「灯りがかり・彩里知矢」のふたり。
年1のペースでデザインフェスタに参加。creemaさんで作品を販売しています。知矢のベア類は、百貨店のベアイベントでもお取り扱いがあります。
web制作、グラフィックデザイン等につきましては、現在ご紹介のみお受けしております。

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 【知矢】7/30-31テディベアコンベンション 会場内地図 | TOP | 【知矢】8月活動のお知らせ >>

2016.08.02 Tuesday

【知矢】第24回テディベアコンベンション終了しました〜たくさんの感謝と気づき〜

0

    JUGEMテーマ:愛しのテディベア!

     

    2016年7月30日〜7/31日、テディベアコンベンション無事終了しました。

    ご来場くださった皆様、氣愛組の皆様、ご一緒した皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

    そもそも知矢ソロでは一番大きな会場での活動で、それだけでも毎年わたわたしてるんですが…。

     

    ベア作家活動5周年なんだけど、個展なんてまだまだ…な私は、今回はコンテストにチャレンジして、個人的に5周年やっておりました(笑)

    IMG_20160731_125041.jpg

    私の作品と他の方の作品とどっちに投票しようか悩みに悩んで、私でない方に投票を決めたお客様をみてしまい、がっくり…(笑)

    でも、「こっちはしぐさがかわいいのよね〜」と言っていただけたので、本望でございます。

     

    友達が見たときには、ちっこにお客様が「え?どうなってるの?」とざわついていたそうです。

    いやもう、これはかなりの本望(笑)

     

     

    残念ながら入賞は逃しましたが、もともと入賞よりも爪痕残す主義なので本望でしょう。

    本当はちっこはソフトレジンで作っていたので触っていただきたかったのですが、コンテスト展示品は触ってはいけない決まりなので残念です。

    IMG_20160801_011822.jpg

    タイトルは「ちゃんとできるもん」。

    柚ぽがちっこ頑張ってる姿を作ってみました。

    粘土で原型をつくり、そこから型紙を一人でつくりました。

    もう泣きそうだったけど、一度作ったからできるはず!と信じて頑張りました。

    シーチング(仮縫い)の段階で3本足でたってくれたので、これはいける!と思い、ちまちま頑張りました。

    モヘアでの本番は、きちんと自立するためにステンレスボールを入れたり、へたらないように綿をぎっちりつめたので、シーチングよりも全体的に丸くがっしりしてしまいました。

     

    今回のコンベンションはこの子にかけたので、ほぼ新作は作れませんでしたが、作りたかった「くまぼぼ」と「くまさぼてん」(構想1年)「くまカキ氷」「くま埴輪」はなんとか間にあいました。

    IMG_20160729_155957.jpg

    今回は、いい意味で割と無理をしなかったと思います。

     

    プロというものは、よく技術だけじゃないとか言われますけれども、どんなに体調が悪くても気持ちがへこんでも、一定のクオリティをもって作品を作り続けられる技術をもっているのがプロだと私は思うのです。

    (この"続けられる"のがプロであると思うのです。何のジャンルにおいても)

     

    ただ、あいにく私はそういう気質でもないので(苦笑)、納得できるものだけ出したいと思ったのです。

    無理やりに小物を増やすこともできましたが、それは一切今回はしませんでした。

    ちょっと作ったのですが、納得いかなかったのです。

     

    コンテストの子にかけよう!

     

    出せるものをベストの状態でだそう!

     

    今回のコンベンションの気づきでした。

    (いや、当たり前なんですけどね…)

     

    おかげでいつもあれもこれもと展示用品も梱包用品も準備しますが、なんだかいつもよりすっきりでした。

    荷物もそんなに重くならなかったです。

    いつもの状態からすると、奇跡(笑)

    あれ?これだけで足りるんだ…と思いました。

     

    そしていろんな出会いが今年もありました〜。

    テディベア協会の会報に掲載されていたロシアの方がキャンセルだったそうで、お会いできなかったのが残念です〜。

    連絡とれないもんな〜。

    IMG_20160730_111155.jpg

    私がいた列、なんと私以外、みなさん過去の受賞経験者!

    受賞した方は年号が入ったロゼットをもらうので、それを展示してあったんです〜。

    ひ〜。

    どうりで周りのブースお客さんすごいわけだ…。

    ちょこっと作品見させていただきましたが、やっぱりすごいですね〜。

    純粋なベア好きさん…というか、私は邪道です、すいません、的な気分になりました(苦笑)

     

    それでもう一つ気づいたこと。

    テディベアコンベンションはやっぱりベア好きな方が集まるので、ベア本体や、ベアの服など布ものの方がやっぱり需要が高そうです。

    私のような雑貨屋みたいなところはあまり目を止めてもらえないのですが、逆に時々ぽろっと立ち止まってくださるお客様がいるんですね。

    アロマストーンは結構人気だったし、お子様たちにはパフェやカキ氷はやっぱり人気。

    ベアの撮影用にと小さいカキ氷も出していましたが、小さなお子さんがお人形遊び用かな?に買ってくださいました。

    これは私にしかできないこと。

     

    できればやっぱりコンベンションにはベアの比率をあげて新作だしたいけど、ちょこっとした雑貨はやっぱりおいておこう、と思いました。

    (そのおかげでお仕事が決まりそうですし…)

     

    何よりも足をとめてくださるお客様が、私がこんな人に買ってほしいと思う人達だったのです。

    だから、私の方向は間違ってない、って思いました。

     

    私にできるすべてのことを掛け算していっぱいいっぱいHappyを生み出せたらいいなぁと改めて思った次第です。

    IMG_20160730_110335.jpg

    マツコ・デラックスが認めた(笑)吉川照美先生にも直接お会いできましたし、いつも私なんぞの告知をリツイートしてくださる吉田かつら先生にもご挨拶できました。

    お友達つながりでfbでは知っていたけど直接お会いするのは初めての作家さんや、子どもたちにクリスマスベアを送る活動をされている方にも直接お会いできました。

    昨年ブースがお隣だった作家さんもきてくださいましたし、タティングレースで盛り上がった作家さんとの出会いもありました。

     

    今年もまたチャリティラッフルのチケットを紛失してしまいましたが(泣)そのおかげで、ちょこちょことご挨拶周りできたので良かったです。

    IMG_20160730_110902.jpg

    ↑くまぼぼ。作りたかったの。

     

    IMG_20160730_110557.jpg

    ↑くま埴輪のスノードーム

    ここでもまた気づきというかがあって、追い込んで追い込んで、ぎりぎりまで一番ベストな方法をみつける!
    妥協しない!と思いました。

     

    IMG_20160730_143452.jpg

    レジン物のあまりで作ったオルゴナイト。

    マーメイドにやっと手に入ったアマゾナイト、麻炭も入ってます。

     

    なんだか、気持ち的にはすごくシンプルでした。

    すっきりしたというか…(睡眠時間は足りてないので、途中気絶しかけてましたが)

     

    これでいいんだ、と。

     

    目の前のことを丁寧に心をこめてつくっていく。

    自分にはそれしかできないので、できることをやればいいのだから。

     

    とはいえ、来年はあれも出したいな〜、これも出したいな〜、アッ、でもこれはデザフェス向きか?

    みたいな野望は渦巻いております。

    その前にネイチャーアニマルワンダーランドもありますな!

     

    私のもとを旅立っていった子たちが、みなさんにたくさんたくさんhappyを運んでくれますように。

     

     

    ちなみに、お買い上げの皆様、修理やオーダーは受け付けておりますので、いつでもお気軽にご連絡くださいね。

     

    本当にありがとうございました!

     

    愛と感謝の祈りをこめて

     


    コメント

    コメントする









    ▲top